FC2ブログ
古いキャンピングカーを衝動買いして、少しづつ改造を加えて、旅を楽しんでいます
快適化:エアサスの取付の実際
取り付け作業前には、こんな動画を参考にしっかり見て。

エアサスの取付に当たり、途中で道具が不足しては困ります。

今回準備した道具類は(我が家にある道具で揃えました)
ジャッキ
フロアジャッキ・・・4トンタイプ
(2トンタイプもありますが、キャンカーを上げるには非力ですね)
車載のジャッキでも使えるが・・・上げるには時間がかかるので効率が悪い
ジャッキスタンド・・・強度のシッカリしたもの

工具類
電気ドリル、10mmキリ
ラチェットレンチ、13mmソケット
ネジがインチサイズなのでインチサイズ用のスパナなどがあれば良いが、
ミリネジ用でも代用は可
ナイフ・・・本来はチューブカッターが良いでしょうが
その他、我家ではジャッキスタンドの下に敷く板材
ジャッキのストローク不足を補助する角材
インパクトレンチ(電動)・・・タイヤを効率的に外すため

そして、購入したモノの確認
購入品確認

コンプレッサー類

樹脂のセット治具です
セット治具単品



① 先ずは通常時の車輛高さを測定します
これは、通常走行時の適切なボディー高さを事前に記録するものです。
I/M(インストレーションマニュアル)では、
タイヤの中心とタイヤハウスフェンダーの下端の寸法を記録すると指示がる。

しかし、フェンダーの端に対してタイヤが随分奥にあり
スケールを当てることが出来ず。
そこで、フェンダー下端から地面までの寸法を測定し,
フェンダー高さ

タイヤ中心と地面までの寸法を引くと言う方法で採寸した。
車軸高さ
結果、右側・・・270mm、 左側・・・258mm 左右で高さが違う
車体が少し左に傾いている
・・・従来はもっと差が大きかったが、Max ロードプラスを入れて矯正してある。
既にリーフスプリングがフラット状態で、後ろがやや下がり気味だったので、
実測値 + 2cm で290mmにしました。

②タイヤを外してエアサスブラケットの取り付け準備
少しでも作業性を良くするため、またジャッキアップ作業を簡単にするため
後輪を10 cmほどのスロープに上げた。
キャンカーリヤーをUP
このスロープは、普段自宅で駐車するときに、屋根に水が貯まるのを防ぐ為
前輪を上げて使用しているものです。

この状態で、フレームにF/J(フロアジャッキ)を掛けて
更にフレームを上げてJ/S(ジャッキスタンド)をフレーム下にセットして
F/Jを下げて、J/Sに車体を預ける。
(ジャッキスタンドだけでは高さが不足するので下に板を敷いて)
下回り


次はタイヤを外しての作業で、デフにF/Jを掛けて上げようとしたが、
重くって・・・無理せずに片側ずつ上げることに。
車軸のリーフスプリング下にF/Jを掛けてタイヤを上げ、タイヤを外す。
左右のタイヤを外して作業した方が効率は良いが、
安全を考え、片側だけでもタイヤで荷重を支える様に片側ずつの作業とした。
ジャッキアップ

③エアサス(エアーバッグ)の取付位置を決める
タイヤを外した状態でフェンダー下端から車軸中心迄の高さを
最初に計測して設定した寸法 29cmに合わせる。

最初に下側のブラケットを取り付ける

セット治具によるブラケットの位置決定
エアサスキットの中にある、白い樹脂製のセット治具を、
下側ブラケットに取付、
セット治具の上には上側ブラケットを取付て付属のナットで固定する。
セット治具とブラケット

下ブラケット固定

ブラケットの位置決め

この状態で、上側ブラケットをフレームに当ててボルト穴のセンターポンチを打つ

セット治具を外して、フレームにドリルで穴をあける。
太いドリルで直接開けるより細いキリで下穴を加工してから開けると作業が楽です。
上穴加工

穴加工時、フレーム内や裏側の電線ハーネス、ブレーキホースなどを
傷つけないように、裏側にダンボールを当てて作業
穴加工裏板


この作業が一番力のいる作業で、
少しでもフレームを高く上げたほうが作業はやり易いでしょう。
付属の上ブラケット取付ボルトは異常に長い
其のままでも使用できるが、
緩み止めの加工された付属のナットは固くって廻すのが大変であり
ボルトを鋸で切断して使用した
ボルト切断
切断ボルト

ちなみに下のブラケットも大変長くナットを回すのが大変であり
片側を終えてから、急遽ホームセンターでインチサイズのナットを購入し
購入ナット


まずは普通のナットで締め上げてから、緩み止めナットを締めつけた
下BK取付けBT

④エアバッグの取り付け
まずエアバッグの上のエアー供給口にエルボ継ぎ手をねじ込む
継手にはシールテープまでまかれているので何も細工は必要ありません
エルボ取付け

こんな形で身体を入れて
作業中

エアバッグを折り畳むようにして上のブラケット穴にエルボ継手をくぐらせ
下は付属のボルトで固定し、上は樹脂のナットでエアバッグを固定する。
バッグセット時
作業方法としては、車軸ジャッキを少し下げてエアバッグが廻しやすくしても可

付属のインフレーションバルブ(空気供給口)の付いたホースを
エアバッグ上部のエルボに差し込み
タイヤ空気用のコンプレッサーからエアーを少し供給すると
エアバッグが膨らみ上下ブラケットにエアバッグが密着する
エアバッグ取付け完

⑤インフレーションバルブの取り付け
左右のエアバッグの固定が終了し、インフレーションバルブの取付ですが
タイヤハウス内で良いとありますが、私の場合は汚れるのが嫌だったので
プロパンボンベ室に設置しました。
現在はプロパンボンベは使用せずカセットガス4連の供給器を使用しているので
スペース的には問題ないと判断
エアー供給口

配管作業は潜って
作業2


ホースの余りは、将来の移設も考慮に外部で巻いて処理
ホース処理

⑥加圧テスト
インフレーションバルブからコンプレッサーで50PSIまで加圧してみました
エアバッグがしっかりと膨らみます
エアバッグ加圧
この状態で少しだけ走ってみましたが・・・何とも判らない
取りあえず急激なエアー漏れは無い・・・OK

⑦コンプレッサーの取付
コンプレッサーはプロパンボンベ室内に取り付けました
コンプレッサー吐出口のタケノコニップルにホースを差し込むのには
硬くって大変苦労しました
ホースを高温のお湯に漬けて試しましたがあまり効果は無いようです
ちなみにホースは、肉厚の硬質ハイロンチューブの様です
コンプレッサ

⑧コントローラーの取付と配管
コントローラーは運転席でチューブの付いたワイヤーハーネスを
プロパンボンベ室から配管する必要があります
ガス室の配管

コーキング

運転席へ配管を
問題は運転席への入れ方ですが、助手席側のマットをめくり、
床に穴を明けてゴムのグロメットをはめ込んで引き込みました。
室内へ入線

運転席

電源はヒューズボックスから
付属の電源取出しのコネクタは使用せず、ヒューズから取るようにしました
ヒューズボックス

コントローラーの裏側

運転席のコントローラー

⑨SW-ON
これですべて作業を完了、
車のイグニションSW-ONでコンプレッサーが回り始めました
これは、最初の空気圧が低下しすぎて自動でのONです

そして、取りあえず80PSIまで一気にあげてみます・・・短時間で上がります
配管の漏れチェックと試運転ですが
・・・走行インプレッションと費用については次の記事で

今回の記事を参考にして実施されても自己責任でお願いします

長い文章
最後までお付き合い頂きありがとうございました。

宜しければ下のバナーをワンクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



2014.06.16 Mon 17:30:02 | 車外・足回り| 0 track backs, 10 comments
コメント
この記事へのコメント
素晴らしい!!
本当にすごいですね
こんな事普通の人はできませんよ
それにしても工具も沢山揃ってるんですね

このキットはセット治具が付いていて親切ですね
むかしサニーのエンジン(A12)を解体屋で買ってきてチェリーに乗せたのですが、ミッションばらした時に治具が必要なのですが 治具が無くて垂木を削って作った事が有ります
2014.06.16 Mon 19:45:24 | URL | オジジ #1eYmgZ6Y[ 編集]
Re: 素晴らしい!!
オジジさん
こんばんわ
ほんとうにいつもコメント感謝します

次の記事で感想をチョット記載しますが、
根気と体力がないと無理ですね。
もう少し若ければできるでしょうが(笑)

このキットが対象のアメ車なら2時間で出来ると
インストレーションマニュアルに記載されていますが。

フレームの穴あけからですから仕方がないですね
もし、次にやるなら1日で出来ますね。
(もう二度とやりたくはないですが)

サニー・・・懐かしいですね
私もクリーム色のサニークーペ1000に乗っていたことも
チェリーも乗りました。
A12エンジンのサニーは、新しい方ですね
私も乗っていましたよ。
助手席にその当時は珍しいクーラーを後付けして
こんな話は・・・歳とった証拠でしょうね

道具も本当に工夫ですね。

有難うございました
2014.06.16 Mon 19:59:22 | URL | レオじじい #-[ 編集]
私はインフレーションバルブを後ろのナンバープレートの横に付けたのですが、あとで考えるとコンプレッサーが壊れた時に(緊急時に路肩に停めて)使うのでエントランスの横にすれば良かったと後悔しています
ナイロンチューブを手に入れて移動しようかなと思っています

レオじじいさんもサニーやチェリーに乗っていたんですか 懐かしいですね
自分はチェリーのX1に乗っていました
SUツインキャブで結構楽しめました
乗っているエンジンを弄るとその間は乗れなくなるので墨田区の国技館から少し行ったところの立川町に自動車解体屋がたくさん有りました
そこでエンジンを4000円から5000円位で買ってきてポート研磨したり面研したりしてエンジンを弄っていました
むかしの話は懐かしいですね・・
そのうちお会いした時に飲みながらお話を聞かせて下さい
2014.06.16 Mon 20:46:31 | URL | オジジ #1eYmgZ6Y[ 編集]
オジジさん
インフレーションバルブの場所はインストレーションマニュアルVTRSでは
やはり後部ナンバープレート横でしたから一般的でしょうね。
オジジさんもコンプレッサーがあるのですから、
インフレーションバルブを使うことは無いでしょう。
私の車遍歴はパブリカ、N360、サニークーペ・・・など乗ってきましたが、
自分にはエンジンまで触る知識がなく二級整備士の友人におまかせでしたが、
楽しかったですね。
2014.06.16 Mon 21:05:09 | URL | レオじじい #-[ 編集]
エアサス完全装着出来ましたね。
全て自前でやってしまうなんで凄いです!
今年のお出かけがますます楽しみですね~
2014.06.16 Mon 23:39:36 | URL | ラチョレ #mQop/nM.[ 編集]
ラチョレさん
とりあえず、付けることができました。
一日経過しても圧漏れもなく配管手直しも必要ない様です。
後は効果がどれだけ有るかですが。
2014.06.17 Tue 04:51:55 | URL | レオじじい #-[ 編集]
作業ご苦労様です。
私も友達のキャンカーに取り付けの
お手伝いしましたが、
やっぱり、
穴あけが一番大変でした。(;^_^A
2014.06.17 Tue 10:49:22 | URL | hoso #C5FWslJw[ 編集]
Re: タイトルなし
hoso さん
こんにちわ
車体下での作業ですから、作業性が悪く力が入りにくく
フレームの材質はやや硬めですからね。

貴殿のショック交換やら足回りのDIYにはいつも感心しています。

2014.06.17 Tue 11:11:26 | URL | レオじじい #-[ 編集]
すごいですね。
興味深く読ませてもらいました。完璧な足回りになりつつありますね、私もと思いますが自分ではちょっとここまでは勇気がありません。
皆さん似たような車遍歴ですね、私もN360、カローラスプリンター等に乗ってきました。
2014.06.17 Tue 16:31:21 | URL | 夢見る爺さん #-[ 編集]
夢見る爺さん
いつもコメント有り難うございます
年齢的に同じように若者時代はクルマ好きでしたからね。
エアサスはプロに任せるのがベターですね。
2014.06.17 Tue 17:36:33 | URL | レオじじい #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill