FC2ブログ
古いキャンピングカーを衝動買いして、少しづつ改造を加えて、旅を楽しんでいます
手動式オイルチェンジャーをキャブコンで使ってみました
乗用車は過去に何度も下に潜ってオイルやエレメント交換をしましたが
キャンカーについては、下からの作業はアンダーパネルを外すなどの手間が掛り
過去にトライして止めた 経緯 があり

手動式オイルチェンジャーを準備しオイル交換を実施してみた
P61220382.jpg



P61220383.jpg

キャブコンはボンネットタイプに比べ面倒ですがマットを剥がし、
P61220378.jpg

カバーを開けて、レベルゲージ穴に排出チューブを差込ます
P61220384.jpg

P61220388.jpg

チェンジャーのタンクをフロアーに置くと排出チューブの先端が奥まで届きません
P61220389.jpg

脚立の途中に置いて手動真空ポンプをシュコシュコと
P61220396.jpg

P61220397.jpg

勢いよくとはは行かないが・・・徐々にタンク内に真っ黒なオイルが
しかし・・・中々増えて行かない・・・追加で何度もポンピング
考えて見れば、オイルを抜く前にエンジンを掛けていなかったので
オイルが温まっていない・・・粘度が高い・・・そこで、
エンジンを掛けて4~5分ほど暖機運転後再び排出ホースを挿入してポンピング
P61220399.jpg

エンジンオイルパン内のオイルが少なくなると
エアーが混ざったオイルがチューブ内を流れる
P61220401.jpg

新しいオイルを入れて作業完了
P61220403.jpg

こんな交換作業に2時間、今回はオイルが温まっていなかったので
時間が掛かったが、オイルの粘度が低くければ短時間にできたのでは
自宅で行うなら、下からの作業が早いでしょうね


読んで頂き有難う御座います。
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

よろしければ下のバナーをワンクリックお願います
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



"shw-greenwood" template design by Shallwill