FC2ブログ
古いキャンピングカーを衝動買いして、少しづつ改造を加えて、旅を楽しんでいます
タイヤ空気圧センサーをエアモニ3からチェンジ
エアモニ3を2014年9月に購入取り付け
途中製品不良(ノイズによる誤動作)で本体を無償交換
以後3年ほど使っているが、電池の消耗が激しいのか
新品電池を入れたときは通信しているが
2~3ヶ月キャンカーを使わないでいてその後動かしても、
4輪全ては表示せず(1~2箇所しか表示しない)
しばらく走行していると、表示することがあるが、
表示したり消えたりと  安定しない
私のエアモニ単体固有の不具合かもしないが

そこで、先日の渡米時に新しいTPMSを購入してきた
価格は、約$70(八千円程度)とエアモニ3の1/4
安くって・・・本当に使えるの?

表示器の電源は、シガーソケットとソーラー


Real-time Display 4 Tires' Pressure and Temperautre.
測定圧力は 0-6Bar/0-87Psi  
この圧力範囲なら、キャンカーにも使用できます

梱包は
P11805519.jpg

中身を出してみると
P11805599.jpg
予備のOリングも付いています

こちらはタイヤセンサーのキャップを外す冶具です
P118055591.jpg
コレなら、小さなキャップも簡単に外せます

電池はエアモニ3と同じ CR1632です
P11805569.jpg

電池押さえは、エアモニ3よりしっかりしています
P118055791.jpg
電池は横からスライドして交換するようになっています

キャンカーにはエアモニ3が付いているので試験的にエスティマに装着しました

取り付け方法は、エアモニと同じでいたって簡単です
P11805669.jpg

表示器のセッティングは、圧力表示単位、温度の単位を選択し
上下の警報圧力、警報温度をセットすれば完了です
(取説は英文ですが、簡単な文章ですから何方でも出来ます)

表示すると
P11805729.jpg

しばらく走行すると
IMG_35031.jpg
温度変化での圧力も変化しています


さー、コレで電池の寿命その他試験して問題なければキャンカーに移植します
米国では、同じような商品は沢山出ています(仕様圧力の確認を)
いずれも中国製です、何故日本で売ってないでしょうね


読んで頂きありがとうございました。
宜しければ下のバナーをワンクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



2017.10.14 Sat 12:56:12 | 車外・足回り| 0 track backs, 4 comments
"shw-greenwood" template design by Shallwill