FC2ブログ
古いキャンピングカーを衝動買いして、少しづつ改造を加えて、旅を楽しんでいます
道の駅どんぐりの里いなぶ

今年初めてのお出掛けは正月二日
当初は箱根方面を計画していたが、風邪の具合がいまひとつ
そこで近場に行き先を変更
まず、海が見たいと 道の駅「潮見坂」
ここは自動車専用道路と一般道の両方に駐車場があり
自動車専用道路が渋滞していたので一般道から
P1130857.jpg

砂浜が綺麗です
P1130846.jpg

しばし海岸でココアと遊び


次に向かったのは
道の駅 どんぐりの里いなぶ
P1130877.jpg
P1130878.jpg

此処には温泉 どんぐりの湯があり食事処もあります
今夜はここで温泉に入って夕食を戴くことに
P1130876.jpg

翌朝、近くの武節城跡へ散歩
P1130864.jpg

道の駅横の国道を横切り東側トンネル手前の上り口から
P1130863.jpg
P1130865.jpg

きつい坂を登ります
P1130867.jpg

10分ほどで城跡に到着
建物は残っていなく、本丸・二の丸跡などの看板から過去を想像
P1130870.jpg

この城の歴史はWebサイトより
永正年間(1504~1521年)に田峯城主・菅沼定信が支城として築いた。
 1556年には武田信玄の家臣・下条信氏の侵攻を受けて激戦となった。
1571年、信玄が三河に攻め入ると田峯城の菅沼定直は武田の軍門に降り、
支城の武節城も従った。以後、武田氏の支配下におかれることとなった。
 1573年、徳川家康の長男・信康が武節城を攻め落としたが、
翌年には武田勝頼に攻め落とされた。
 1575年に長篠の合戦で勝頼が敗れると、田峯城主・菅沼定忠は
勝頼を田峯城へ案内したが叔父の定直や家老の今泉道善らの
反逆にあって入城できず、苦難のすえに武節城へ落ち延びた。
勝頼はここで梅酢湯を飲んで心身の労を休めて甲斐へ帰ったといわれている。
 定忠はその後も武節城に籠ったが徳川家康家臣の酒井忠次に攻略され、
奥平信昌の領有となった。
1590年に家康が関東移封となると信昌も従い、武節城は廃城となった。

P1130872.jpg

横にはお宮も祭られていました
P1130875.jpg

帰りは北川の自動車道を降りるとどんぐりの湯の駐車場へ


読んで頂きありがとうございました。
宜しければ下のバナーをワンクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



2017.01.09 Mon 10:53:00 | キャンプ旅行| 0 track backs, 13 comments
"shw-greenwood" template design by Shallwill