FC2ブログ
古いキャンピングカーを衝動買いして、少しづつ改造を加えて、旅を楽しんでいます
屋外保管でのバーコード対策
キャンピングカーを車庫に保管されている方には無縁でしょうが
屋外に保管しておくと、バーコード状の雨垂れ跡に悩まされますね。

原因は
① キャンカーの天井が汚れている。
② 雨が降ると屋根の至る所から雨水が側面に流れ落ちる。
③ キャンカー側面の表面が荒れていて汚れが付きやすい。
④ その他

我が家の対策は、極力手間を掛けずにと次のように
① 何もしません
屋根の上は土埃が固まって、こんなに汚れていますが、洗うのは大変な作業で、
DSC00783(1).jpg
高所作業になるので、放置しています。

② 車を傾斜させて、雨水が落ちる場所を特定の箇所からにする。
  過去にもこんなバーコード対策、記事を書きましたが
  
前輪の下にブロック一枚分のスロープを作り、駐車時は常に傾斜させて、
DSC00790(1).jpg
雨水が車両後部からに流れるようにします。
車両後部も左右のどちらか低い側から流れる落ちる事になります。
DSC00793(1).jpg

DSC00792(1).jpg

これで随分バーコードは減りましたが、未だ前面のバンク部分と
左右の一部から雨水が流れ落ちて、バーコードを作ります。
DSC00770 (1)
   
DSC00771(1).jpg

そこで、バンク部分は頂上近くに雨樋を追加取り付けしてみました。
DSC00781 (1)
DSC00785 (1)

この雨樋は、建築用のベニヤ板のコーナーをカバーする
樹脂製のホワイトジョイナーで、1m 100円程度で購入できます。
DSC00774 (1)

この効果は、既にバンク下、後方側面、後部天井部分に
3年以上前から付けていますが、
両目テープで付けただけでも剥がれません。

側面上部、モール切れ目からの雨だれ対策は
DSC00776(1).jpg

コーキング剤で凹みをなくすように盛り上げて雨が流れないように
DSC00778(1).jpg

このコーキングも、5年ほど前にDIYで施工した部分で、
ずいぶんカビが生えたように汚れているので、そろそろ再施工でしょうね。


読んで頂きありがとうございました。
宜しければ下のバナーをワンクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



"shw-greenwood" template design by Shallwill