FC2ブログ
古いキャンピングカーを衝動買いして、少しづつ改造を加えて、旅を楽しんでいます
バッテリーでウインドエアコンの連続運転テスト結果
5/26(日曜日)
ここは日本一気温が高い岐阜県多治見市の隣町です
今日も朝から気温が上がっています。

先日から懸案だったウインドエアコンのバッテリーでの駆動テストです。

目的は、
昼間、出先の駐車場でペットのココアを車内に残して行けるか?
そのためには、1.5時間位は連続で運転したい

テストの条件

バッテリー ACDelco M31MF ×2 
ソーラーパネル 100W 1枚  コントローラー PV-1212D1A 未来社
インバーター CLESEED★クレシード MG2000TR
【瞬間最大出力4000W/最大出力2000W/定格出力1800W】

エアコン コロナ CW1610 能力 1.4/1.6 kW
運転電流 5.8/6.0 A 始動電流 26/23A 消費電力 525/600 W

気温 約29℃ 車内温度 29.9℃ 天気 晴
車の天井排気口は閉、運転席の窓は断熱マット使用、横の窓はカーテン閉

テスト開始時刻 12:00

下はテスト風景です

左の電圧計は常設している時計・温度・電圧計です
電圧はバッテリーから直接取っています。

右下の時計・温度・電圧計は今回のテスト用に同じタイプを接続しました。
電圧はサブバッテリーから引き出したシガーソケットより取り出してます。
今回は、こちらの温度・電圧計で監視します。

OUT温度センサーエアコン吹き出し口に貼り付けました
IN温度は温度計の周囲温度です
eakonn1

スタート時
こちらの温度計のOUT温度は冷蔵庫の温度ですから今回は無視
テスト開始時の室温29.8℃ 電圧 14.3Vエアコン開始

エアコンの設定温度は24℃でスタート
eakonn5

念の為にアナログ温度計も
eakonn4

こちらは追加した電圧計
エアコン吹き出し口温度29.6℃、室温 29.9℃、 電圧 14.3V
常設のセンサーとほぼ同じ値を示しています。
eakonn3

開始10分経過
電圧は12.2Vに一気に下がって吹き出し口温度は20℃に
エアコンの設定温度を23℃に下げました
開始10分

25分経過して
吹き出し口は12℃まで下がり室温も28.5℃に下がって快適な室内に
この時の電圧は12.1℃
開始25分

31分後
結構冷えた感じがしたので設定温度を25℃に
コンプレッサーは廻っているので電圧は12.1Veakonn6

コンプレッサーが切れて電圧は12.6Vに戻り
吹き出し口の温度が18.9℃に上がってきた
開始32分

1時間経過コンプレッサーがON-OFFを繰り返し
室温は28.5℃で快適、電圧は12.1V開始13時
そのまま、連続で運転
・・・1時間16分後にインバーターの冷却ファンが廻り始めた
この時点で、エアコンの設定温度を26℃に変更

2時間経過
やはり室温が29℃まで上昇したので設定温度を24℃に変更
開始14時
そのまま、連続運転、コンプレッサーは5分程度廻って数分停止を繰り返している。

2時間49分経過
室温は28.9℃、電圧は11.9Vまで下がり電圧計の赤い警告ランプが点灯
吹き出し口温度は14.4℃と冷たい風が出ている
開始14:45

3時間経過
外気温は一番高い時間帯であるが
エアコンは十分機能し吹き出し口温度11.8℃
電圧は11.6Vまで低下した。
このインバーターは10.5Vが低電圧遮断の限界であるが
バッテリーを痛めたくないのでここでエアコンを切った。
開始15時

アナログ温度計でも30℃弱を示している
開始15時アナログ

エアコンを停止させ1分後、ソーラーのおかげで電圧だけは12.4Vに
室温は早くも31℃近くに上がってきた
16ji

以上が実験の結果です

◎ 当初目的の短時間の運転は支障なく出来ると判断する。
   室温を30℃程度まで許容すれば、
   更に長く運転できるようである。

 
考察:
① エアコンの設定温度がどの程度が適切か判らず、途中で設定温度を変更したので
  正確な結果が得られていない(計画性のない素人実験はダメですね)

② 温度・電圧の記録は、やはり記録計をセットして計るべきであるが
  ・・・自宅では出来ず残念(PCで記録できると良いが・・・誰かアプリでも教えてください)

③ 外気温が35℃程度まで上がる真夏では、コンプレッサーが
  入ったままになる可能性が高いので今回の実験だけでは不十分である

④ コンプレッサーが頻繁にON-OFFを繰り返すので始動電流が流れる頻度が多くなり
  インバーターの能力に余裕がないとインバーターが故障する恐れがある

⑤ 今回使用したエアコンは古いタイプで矩形派インバーターでも駆動できたが
  新しいエアコンは正弦波が必要?

⑥ 最近のインバーター式のセパレートタイプのエアコンなら
  もっと電力が少なくて済むので搭載できればセパレートタイプは魅力である

⑦ インバーターの冷却ファンは廻ったり停止したりとまだ余力があるようであった

⑧ 夜間はソーラーでの補充が無いのでどれだけ連続できるか不明、
  但し外気温も低いのでプラス、マイナス?

⑨ 1回の連続運転後、バッテリーを如何にして復活させるかも重要な課題である
  

以上の結果は、私の車での結果ですから・・・あくまで参考に

長い文章、最後まで見ていただき有難う御座いました。
よろしければ下のバナーをワンクリックお願います。
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト



2013.05.27 Mon 12:54:17 | 電装関連| 0 track backs, 13 comments
"shw-greenwood" template design by Shallwill